テーマ:山歩き

広重も訪れた鬼の架橋と金山城跡

  金山ハイキング kinzan 。 この金山は山頂の金山城跡よりも鬼の架橋として知られています。  鬼の架橋: 古くから奇勝として知られ、度々文人墨客が訪れており広重の浮世絵 「六十余 州名所図絵」 に「丹波 鐘坂」 とし描かれています。  金山城跡: 明智光秀が丹波を侵攻した際、篠山の波多野秀治の本拠地 「八上城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷山と路傍の花

長谷山散策 「エキスポ90箕面記念の森」に続いている山の一つ。 エキスポ90は大阪市鶴見緑地で開催された「花博」を記念して、大阪府により整備された。 公園内は通り抜けで長谷山へ。 ↓ 桜葉は紅葉の始まり。  ↓ 駐車場から芝生広場への道。 ↓ 展望台。 横に見てスルー。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低山ハイキング

城山ハイキング (405m)。 兵庫県猪名川町の多田銀山にある金山彦神社近くより入って行きました。 城山と名がついているからには城があった?、少し調べてみましたが詳しいことは分かりませんでした。 インターネットで知り得たことを末尾に少し記しております。 ↓ 人里を離れて。 ↓ 溜池、きれいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1本松山ハイキング

1本松山ハイキング。 「道の駅いながわ」の臨時駐車場に止めさせて頂く、数台駐車しているが昨日から雨粒が乗っている、泊りだったのでしょう。 駐車場近くの万善橋の先にある歴史街道の道標に従い住宅地の奥へ入って行きます。 誰に会うことも無く住宅地の突き当りに付きました。右の細い道を入り歴史街道を進み1本松山を目指します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

峠行きが登山に

昨年から峠巡りをしています、自宅から半径50km程度の所です。 国道はトンネル化が多いですが旧道には歴史があり楽しいです。 この日は兵庫県道49号の峠へ。 峠の手前で登山になりましたが。 休憩。 青野ダム(千丈寺湖)。 兵庫県三田市。 ダム湖の上流、先方がダム方向。 休憩。 尼ン滝、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

峠 4代

古代鐘ヶ坂峠、明治トンネル、昭和トンネル、平成トンネル。 一所に、1峠 ・ 3トンネル。兵庫県丹波市柏原~同県篠山市間の 国道176号線、一度で見られます。 京阪神間から、丹波・但馬・丹後地方へ抜ける要所で、落石、 積雪、カーブも多く、そのため度々工事が行われてトンネルは 3代目、その度に標高も下がり新トン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猪名川を遡る

夏は水辺か山がいい。自然に解け込んでいると暑さも凌ぎやすい。 今回は、猪名川を河口より源流まで遡ってみることに。 川名: 一級河猪名川 (一級河川淀川水系)。 全長: 43.2km ↓猪名川と藻川の合流地点(終点)より川下を望む。 ↓合流地点の下流側より上流を望む。 右方の猪名川を源流に   向かいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑樹のトンネルを通る

猛暑から逃避。 木々の緑のトンネルは、集落から集落へと緩やかな山越えの道(町道?)。 距離にして1.5~2km位と思われます。 R173上山辺のあたりより左折、集落を通り山へ入ります。 ↓集落(前方)より上がってきた道端に通学路の古い立札を見かける、現在も通学路に使用?。 ↓立札より数メート上で緑のトン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の日

山の日、8月11日に登山?に出かけました。 山名:蘇鉄山 Sotetuyama 標高:9.97m、一等三角点では日本一の低山。 場所:大阪府堺市 ↓蘇鉄山登り口。 登山口でなく「登り口」が低山に相応しく思えました。 ↓登り道 (登山道) ↓山頂。 一寸した広場で眺望はありません。 ↓一等…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽・珍

低山歩き ある物体 渓谷 岩石に穴?。 渓谷を散策中に川の中で発見。 逆側から見る、人工とすれば目的が知りたくなってくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野間城跡を訪ねて。

廃城、野間城跡を訪れる。 特に歴史が好きと言うことでもないですが、訪れて、見て探して想像するのも楽しみ。 山城:野間城、標高355m、比高110m。 築城:仁安3年(1168)、野間高頼氏による。 現況:山林。 場所:大阪府豊能郡能勢町野間中。 城山を望む。 鳥居の左奥が主郭、段状に曲輪跡らしき所が見受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木床吊橋 国内最大級

 吊橋へ行って来ました。 木床板の人造吊橋としては国内最大級、長さ280m、高さ最大50m。 大坂府民の森「ほしだ園地」内、園地の広さ105万㎡東京ドームの約22個分。 前方右方は京都市。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水力発電所

村で作った小さな水力発電所。 大正6年(1917)資本金125万5千円(現在換算2億5千万)、出席株主137人で設立、300軒まかなえたとか。    電気の無かった村に有志が凄い!。 現在は関西電力に引き渡され450軒、水力は要らない時は止めて必要な時に直ぐ発電でき停止時も経費は極少のメリットがあるが、原電は運転を始めれば止めるのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中散策

 2月2日(日) 近郊の山中を歩く。 落葉した雑木林は明るく、遠くまで見通せて広々と気持ちがいい。 行く先々で立ち止まり木の根を楽しむことが出来た。 木って外の影響を受けない限り生まれた所で育ち続ける、偉いよなぁ。 1. 落ち葉の中を歩く、舗装面と違いふわふわと柔らかい感触が最高。 2. 太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉・黄葉・滝と沢

紅葉も黄葉も見ごろ。 紅葉(もみじ)を見ながら山奥へ入って行けば黄葉(なら)と代わっていく、見物の方達は殆んどが紅葉止まり。 奥へと登って行くのはしんどいけれども其処には滝と沢があるんだ。 1. 紅葉。 2. 紅葉。 3.黄葉。 4. 谷向こうの紅葉。 5. 滝全景、枯れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百丈岩

百丈岩。 低山ながら急登で鎖場もあり雰囲気が味わえる山で例年春秋に訪れている。 ロッククライミングをされている方も見かけることがあります。 岩頂は数人なら居られる程度かな。 遠方よりズームアップ撮影。 登山中腹より撮影。 岩頂へは左方の岩より狭い背を伝って行けるが余程の注意が必要。 一般の登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渓谷と滝とまむし

自然は心身を健全にしてくれるけれども危険が伴うことを実感。 整備されていない自然のままの渓谷(滝)へ。 渓谷の水枯れは想像以上、岩の下を伝い浸み出た水が溜りに少々、驚いて蛙が2匹飛び跳ねた。 道無き雑木林の中を踏み跡便りに進む、がれ場は谷へ降りて石伝いに。 滝も枯れていたが岩盤が湿っているだけでも救いだ、滝を撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑を避けて

暑中お見舞い申し上げます。 暑さを避けて自然に浸ってきました。 体力増強、写真撮影、出合い、自身のリフレッシュなどと欲張って出発。 手入れが行き届いた国有林内の遊歩道、杉木立が聳えて上空からの木漏れ日が素敵でした。 木立の間隔も程よく保たれ林の中は想像以上に明るくカラットして気持ちよかったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙見山のブナの樹。 関西以南では標高800m以上でなければ育ち難いと言われていて、ここ標高660mの低山ブナ林は珍しいとのこと。 幹周り2m以上が約100本、中には4m(直径1.3m)を超える樹もあり大阪府の天然記念物指定。 総数は400本位。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハイク&山桜

4月14日(日) ハイキングを兼ねて山桜を見に行く。 桜は葉桜となり始めていたが先ず先ず、処々にツツジが咲き色華やかに楽しませてくれた。 1. 廃線跡のトンネルを抜けて。 2. 親水広場に到着、右方よりハイキングコースへ。  3. ツツジが彩りを。 4. ハイキングの人々。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百丈岩の紅葉

今年も百丈岩へハイキング、紅葉時期がピッタリできれいでした。 昨年の百丈岩ブログ、2011年11月3日UP。 1. 百丈岩 h.60m 2. 3. 百丈岩、岩頂 4.  5. 眺望  おまけ ウラジロ、登山道で (1葉裏返して撮影)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中の池

11月3日(土・祝) 晴・曇 藤岡ダム上流の山中に池があり、訪れる人も殆んどいないとの情報に興味をそそられ行ってきた。 ダム湖上流に車を駐車。 奥池への道は、西ケ岳・三岳への登山道ともなっているが、こちらから登る人は少ないと見えて荒れていた。 藤岡ダム:兵庫県篠山市藤岡奥 農業水源。 奥池:ダム以前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九月二日(日) 大野山(753m)へ「岩めぐり」。 1. 太鼓岩。   摂理に長年沁みこむ雨水で割れてこの形なったのだそうな。 2. 大夫婦岩のアップ。 アルバムに「岩めぐり」があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼を求め渓谷へ

今回も涼を求めて渓谷へ。 犬鳴渓谷inunakikeikokuは紅葉で有名、秋の紅葉の下見を兼ねて初めての訪問。 渓谷には水が少なく岩の下を通った水が滝や溜りで見られる程度でイマイチ、目的の滝が気になったが先ず先ずでよかった。 此の山は滝までが全山霊場の様で行く先々にお堂やお地蔵さんなどが祀ってあった。 注、霊場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4時代の峠道

7月29日(日) 今日は時代を感じるハイキング。 1箇所の山峠で4時代の道が見られるのです。 先ずは峠の現況を4枚紹介しましょう。 古道トンネルなし     0m 明治トンネル:全長 268m、 昭和トンネル:全長 455m、 平成トンネル:全長1012m。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more