小野小町ゆかりの随心院観梅

小野小町ゆかりの随心院の観梅。

時:先週末、開花は3分咲き程でした、が、小野小町ゆかりの場所を巡ったりと有意義な時間が過ごせました。

場所: 京都市山科区小野御霊町


薬医門。 奥に見えるのは表玄関でご本堂は右奥です、柵があり入門できませんでした。
画像


梅園。 薬医門前から撮影。
画像


券売所裏手にある梅園入口。
画像


花は蕾膨らむ程度で少し早くかったです。 情報の見頃は3月中~末。
画像


本数は230本だそうです。
画像


紅白の幕の所は休憩所。 
画像


「小野小町 化粧井戸」 (ケワイノイド)へ。
この辺りは小町の屋敷跡で、井戸は小町が使ったものと伝えられています。
画像


小野小町 化粧井戸。
画像


ご本堂裏手の小町庭苑へ、 石標の前後には数百の小さな句碑?が連なっています (写真右下方)。 
画像


佐保姫:春の女神?。 明智光秀の娘佐保姫の悲恋話を思い出しました。 いい想い出。
画像
画像


灯籠。 火袋両サイドの太陽と月は、太陽が東に月は西になるように設置が良いとか。
画像


ご本堂の裏手です、 「文塚」 は太い木の後方から右奥へ入ったところにあります。
画像


小町文塚。 
画像


文塚説明板。 概要 百夜通いの深草少将はじめ、当時の貴公子たちから寄せられた恋文を埋めたところと伝えられています。
画像


「小野小町歌碑」。 花のいろは うつりにけりな いたずらに わが身世にふる ながめせしまに (庫裡の前庭)。
画像


結婚式があったようです、お幸せに。
画像





おわり。




"小野小町ゆかりの随心院観梅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント