まんぽの散策

アクセスカウンタ

zoom RSS るり渓散策

<<   作成日時 : 2018/08/12 17:47   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

涼を求めて「るり渓」へ。

往路では、府道の台風災害による通行止めで引き替えし迂回、往復17kmほど遠回り。

迂回道中では台風の爪痕らしき場所も通り、一路「るり渓」上流にある「通天湖」へ、水量確認。

通天湖が「るり渓」の始点、ですから湖水量は「るり渓」の流水に影響します。



↓ 道の駅能勢(栗の里)。 小休止。
画像

↓ 台風の爪痕。 川中央の石は岸辺に寄せて流れは確保されていました。
画像

↓ 台風の爪痕。 この山間の土砂が崩れてきた様子です。 間近に住宅等が無くて・・・。
画像

↓ 通天湖。 るり渓は通天湖の落水が始点。 先ずは水量確認 「水通し」 天場より少し下って減水しています。
画像

↓ ホース4本で放流し渓流は保たれている様子、普段はこの「水通し」天場全体から溢れて落水しています。
画像

↓ るり渓下流側の駐車場。 この日スタート地点、下流から上がると水の流れきれいに見えるから。
画像

↓ 鳴瀑meibaku。 駐車場から徒歩数分の滝、滝の裏が空洞で音がする事からこう呼ばれているそうです。
画像

↓ 下流側の「渓流歩道入口」。 駐車場から1km程度。
画像

↓ 石碑。 「名勝琉璃渓」。
画像

↓ 食堂・カフェ・山荘。入口から100mほどの渓谷沿いにあり、現在は廃業・廃屋状態。
画像

↓ 遊歩道。 この辺りのみ山道風。
画像

↓ 別れ道。 橋を渡れば山道、右端の石の間(木の間)を入れば整備された遊歩道。
  橋を渡る方はありますが皆さん引き返し遊歩道を行かれます。
画像

↓ 山道。 踏み跡を辿ります、此方を選ぶのは目的があるのです。
画像

↓ 目的はこの滝、遊歩道からは見えません、殆んどの方は遊歩道の散策でご存知ないとおもわれます。
画像

↓ 休憩所。川向うの遊歩道と橋で繋がりトイレも整備されています。 山道はこちらへ上がってきますが休憩所からは山道らしきものは分りません。
画像

↓ 橋下から望む落ち込み。
画像

↓ 渓流と遊歩道。
画像

↓ 渓流。
画像

↓ 渓流。 水流少なく見応えが落ちます。
画像

↓ 支流の小滝。 こちらも水不足で普段の三分の一程度の落水。
画像

↓ 炭釜跡。
画像

↓ 通天湖。 上がって来ました。 
画像

↓ るり渓。上流側の入口、通天湖のすぐ傍でこの日の終点です。 
画像

↓上流側の駐車場。 トイレ・東屋・ 駐車場はトイレ裏で2m程の高台となります。
画像



 帰路に再訪、 一庫ダムの知明湖。
この広い湖で半月余りで2m余の減水に驚き。 参照参照、7/27 UPの画像。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
るり渓散策 まんぽの散策/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる