まんぽの散策

アクセスカウンタ

zoom RSS 沈下橋&地黄湿地

<<   作成日時 : 2018/06/07 19:14   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

保津hozu小橋 (沈下橋) と湿原のある地黄ziou林道へ。

保津小橋 場所: 京都府亀岡市保津、保津川下りの乗船場の少し下流にあり堤防より低い。            (沈下橋)      増水時に濁流が橋を超え川底に沈ませることで流木等の被害を少なくする。
          
地黄林道&湿地 場所: 大阪府豊能郡能勢町地黄。
           此方の方へ来た帰路にはよく通ります、一般道より趣きがありますから。



↓ 保津川下り、京都府亀岡市〜京都嵐山(京都市右京区嵯峨)。
          2F=券売所・待合室・売店。 大人\4,100、子供\2,700、貸切\82,000。
画像

↓ 乗船場 (始発)。写真の 陸地は右岸と中州。 乗船時間は流水量により1時間40分〜。
画像

↓ 保津小橋石碑。
画像

↓ 保津小橋標識、重量2t・ 車幅1.8m・ 危険 幅員狭小につき橋の上で立止ることなく速やかに渡りましょう。冬季は路面凍結に注意してください。 亀岡市保津町自治会。
画像

↓欄干が無い上に 橋巾が狭いので歩行中には、車は陸路で待ってくれました。
画像

↓ 波立っているところが通船ヶ所。
画像

↓ 通船ヶ所、手前は橋の一部。
画像

↓ ゴムボートが下ってきました、終着嵐山まで下るのでしょうか?、途中の急流にご用心。
画像

↓保津川下りの船がやってきました、流れは穏やかな所なので船頭さんが漕いでおられました。
画像

↓ 橋下を通過しようとしています。 橋上を子供が通っていましたが船を見向くことはありません、近 在の子で見馴れているのでしょうか。
画像


画像


画像

↓ 対岸に渡った堤防上にあった看板。 左:保津百系道しるべ 52 高くて怖い橋 通称 高橋。 右上:保津百系道しるべ53 この辺り 映画の 種取場。 右下:保津百系道しるべ54 伝承民話 保津の怪鳥 火を吐く鳥。
画像

↓ 運搬。終着嵐山から出発地亀岡市まで。
画像



   帰路は地黄林道&地黄湿地へ回り道。
↓ 国道423号の堀越峠から地黄林道へ(手前左)、約5km。
画像

↓林道に 柵が見えてきました、湿地のかかりです。
画像

↓ 地黄湿地。 写真は湿地の水溜り部分です、ここは湧水の湿地,なのです。 
説明看板では、大阪府緑地環境保全地域・食虫植物・ラン科植物・トンボなどの湿地特有のものが生息、生育しています。
画像

↓ 湧水。ポコポコと湧水が泡と共に輪を描いて地上へ出てきます (音は聞こえません想像です)。
画像

↓ 林道。
画像

↓ 鹿がいました、1枚撮ると驚き逃げて山奥へ。
画像

↓ 林道で見かけた草花。
画像


画像


画像


↓ 野間の大欅。 林道を抜けた集落にあります。 国指定天然記念物、目高幹周り約14m・高さ約30m・樹齢千年以上・全国4番の巨樹。
画像


おわり。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沈下橋&地黄湿地 まんぽの散策/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる